今日の出来事2

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.12.16.[ Fri ]

In The Kitchen Stadium

久々に勇治家で鍋をしました。
ことの発端は忘れたけど、思い立ったのが吉日ということで勇治がバイト9時までにも関わらず鍋を敢行しました。
僕も7時までバイトがあったので終わってからシェフ古田とその助手の古田と合流。
バローで買い物をしました。
適当に1人千円で予算4000円って決めてたら、2000円ちょっと越えたくらいで鍋の具材が全部揃ってしまったので、余った卵を消化するためにゴーヤチャンプルーも一緒に作ることにしました。
で勇治のバイトが終わるまで僕の家で待機・・・。
それが多分8時頃。
あんまりにお腹が減ったので勇治を待たずに先にゴーヤチャンプルーを作ることにしました。
まぁ、実際作るのは初めてだったけど
「どうせゴーヤの炒め物だろ」
と高をくくっていたシェフ古田を初めとする鉄人3人。
一応ネットで作り方を調べたのは正解でした。
ゴーヤの処理の仕方なんてわかんなかったしw
使った具材がゴーヤ・豆腐・卵・牛肉。
なぜか牛肉w
はっきし言ってゴーヤ以外は鍋の具材の使いまわしでした。
でもそれがシェフ古田クオリティー(・w・)b
シェフがいきなり僕のスプーンをへし折ったり、包丁さばきが料理人というよりどこかその手の人の使い方に酷似していたり、助手古田が生卵と勘違いして僕が朝食用に作っといたゆで卵を割りやがったりと、殺伐とした雰囲気の中晩餐の準備は進行していきました。
で何とかゴーヤと肉を炒め始めたんですけど。
シェフは自分で味見をせずに助手たちに毒見をさせるという唯我独尊っぷりを発揮していました。
(一応炒めた)ゴーヤを食べた助手、

「うん、全然食えるよ・・・・・く、食え・・・・・・・苦げぇ!!!!!!」


そのまま悶絶。
ゴーヤ厚すぎw
ゴーヤ1cm位の厚さに切ってたんでもう草の味しかしないorz
なかなかゴーヤに火が通らないんで、シェフはフライパンにフタをして蒸しましたw
流石、新進気鋭の料理人はやることが常人の理解の域を越えてます。
豆腐も最初に垂直に切ってから平行に切るからw
その後豆腐と卵を投入して。
また助手に試食させるシェフ。

「うん、これなら全然食えるよ・・・・・く、食え・・・・・・・苦げぇ!!!!!!!!」


相変わらずゴーヤ苦すぎw
そっから醤油と塩胡椒と胡麻油大量投下して完成。
美味しかったですよ。
まぁそんな男だらけのキッチンスタジアム(・w・)bプライスレス





その後、10時くらいに勇治の家に行って鍋をしました。
豆乳鍋でした。
僕にとっては味が薄すぎだったけど、他三人は満足してたみたいです。
スポンサーサイト
  1. Category:未分類|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0
<<暴かれた世界 | ホーム | GRATEFUL WHEN PEN'RE DEAD>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aeroyuto.blog6.fc2.com/tb.php/104-ddc0a1c9

 | HOME | 

Calender

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。