今日の出来事2

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2006.08.20.[ Sun ]

熱帯夜

熱いね。

日中はほんとに外出たくないので、ここ数日の休みの日は家に篭ってますよ。
といっても一日中家に居るのも相当根気が要るものなので、今日は11時くらいから一人で出かけてきました。
TOEICの問題集と、シスアドという資格の参考書(まぁその資格取るつもりもあんま無いんだけど)を持って出かけたんですけど。
つっても一人で出かけたら出かけたで、結局やること無いんだけどね。
適当にぶらついてアクトに行ってビレバンで本を買って、同じ建物内にあるフレッシュネスバーガーに入って読むというのが最近の独り休日の定番になってきているのが悲しい。
買ったのはクロスビートと「陽気なギャングが地球を回す」の小説。
クロスビートはフジロックレポート目当てに買いました。
こういう音楽雑誌こそ買って読んだ後一番後悔する代物なんじゃないかと最近思う。
例の如く、フジのヘッドライナー三組のインタビューとか載ってるんだけどね。
一通り読んでから家に帰りました。
もうこれは二度と読むことは無いでしょう。
んで帰ってからTOEICの勉強するのとか、元々の目的は忘れたフリをして陽気なギャングを読み始めた。
これは字が大きいから読みやすいわ。
なんだかんだで半分位まで読んだ。
今日中に読み終わるんじゃないかね。
そしたら明日から何を読んだらいいのやら。。。
こないだ村上春樹の「回転木馬のデットヒート」と江戸川乱歩の「パノラマ島奇憚」ってのを読んだけど、まぁどっちもどっちって感じだったので。
江戸川乱歩のなんか特に字が小さいもんで読みづらかったし、案外普通な感じで終わってしまった感があった。
なので、これから江戸川乱歩の小説を買うときは明智小五郎が登場するやつを選ぶようにしようと心に誓いました。
あと、カフカの「変身」ってのも読んだ。
金山のドトールで人待ち中に読み終わったんだけど、なんかもうあまりの救いようの無さに、他に何編か短編が収録されてたにもかかわらす勇治にあげちゃいましたねb
彼はその後ちゃんと読んだのだろうか。
まぁ言ってしまえば彼も朝起きてたら変身してたみたいな状態は経験してるだろうで、共感できるんじゃマイカ。


と、ここまで書いて気がついたのが自分のタイピングの速さ。
まぁ毎日PC使ってるから速くなるもの当然なんだけどさ。
結構思いついたまま書いてるから相当面白くないだろうね。
昔はもう少し推敲して書いてた気がしないでもないけど。まぁそれはいい。


僕のお盆休みってのはあるようで無かったような感じがするまま終わってしまうようだけど。
そのままこの夏も早く終わりやがれ。
思い返せは結構夏っぽいことはやった気はしている。
夏フェス行ったし、ジャパニーズソウルフェスこと花火大会も行ったし。

・・・・それだけか。
毎年地元の友達と川に行くんだけど、それも先週の名古屋疲れでキャンセルしてしまい。。。
他何もやってないねw
まぁ嫌いなんですけどね、夏。
飲み会は何回かやったし、名古屋に遊びに行ったし。
墓参りもしたし、蚊にも刺されたでもう十分でしょ。
ね、もう十分堪能したでもういいよね、はい。
もう終わってください夏。
お盆休みと共に終わってくれ。
もうね、暑さで目が覚めるとか嫌だもんね。
朝起きたら汗かいてたりとか、最終的に服着るの暑くてパンツ一丁とか馬鹿らしいしw

なので、そろそろ衣替えをしていこうかなと思ってる。
周りが水着なのか下着なのかよくわからん格好をしているこの時期にだ。
もう僕の中の季節は「秋」ですと、主張してこうかと。
それがせめてものこの夏へのプロテストだ!!



あ~もう、最近半袖一枚でいるのもきつくなったよねー。
そろそろ長袖着てかないと風邪ひくわ。。。。

ま、この部屋クーラーガンガンにかかってるからなんだけどさっ☆
Read more ≫
スポンサーサイト
  1. Category:未分類|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:2

2006.08.14.[ Mon ]

リアル Wet Sand

んでレッチリ!!!

つってもやはり、レッチリのときはさらに人が増えてて柵の真ん前を陣取ってたもののリアルに圧死しそうだった。
眼前にはマッチョな黒人のブラザーが入れ替わり立ち代りいたもんで
何度か助けてもらおうかとも思ったけど、既に3~4時間並んでる手前、

「ここで助けてもらったら負けかなと思っている」

と言い聞かせて耐えた。
でも何度か息は絶えそうになった。
先に不快だったことを列挙しとくと、
1.斜め後ろにいた女が僕の肩をグワシと掴んで無理やりどかそうとしてきたこと。
これはほんとに、むかつくというより、恐ろしかった。
2.曲中、隣の耳毛とかが腕かざしたりしてんだけど、真上に腕上げればいいのに眼前に腕を突き出すもんでそれが僕の視界を遮った。
3.真後ろのやつのエルボーをライブ中延々と首に受け続ける。

とにかく、耐えた。



一曲目は予想通りというか、ジャム~キャントストップで。
てか最初のジャムから凄かったよ。
ジョン格好良さ杉。
もう最初っからテンションが高くて、動く動く。
ガンガン頭振るし、クルックル回ってるし。
フリーも相当動いてんだけど、やっぱジョンのほうがカッコいいよね。
ライブは、なんとなく予想通りの展開というか、新作の曲もありつつ、昔の定番曲もあって楽しめた。
最近復活したMe&My Friendsもやってたし。
あと、フリーが例の如くベースソロをやりだしたんで、
「アラウンドザワールドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!」
とか期待したんだけど、そっからスロウアウェイユアテレビジョンが始まったんでorzですよ。
絶対アラウンドザワールドだと思ったのに・・・。
最近のライブだとこの曲やってないみたいなんだけど、この曲でレッチリにはまっただけに聴きたかった。まじ残念。
ジョンのソロコーナーは最近のライブだと定番のビージーズの曲でした。
んでバイザウェイやって一旦退いて、アンコールでギブイットアウェイ。
イントロの掛け合いんとこで、スタッフらしき奴が現れて歌ってたけど、それが何を意味してんのかよくわからんかった。

まぁ、セットリストは無難と言えば無難な感じだった気がする。

レッチリが終わってからは、人ごみにまぎれてステージを後にして、ちょと御飯を食べてから解散。
電車組の僕とフータンは、EZナビウォークのおかげで付近に銭湯を発見しそこに向かった。


そしてそこにはまさしく男の楽園が待っていた。。。
Read more ≫
  1. Category:未分類|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2006.08.02.[ Wed ]

GRATEFUL WHEN I WAS DEAD/KULA WAS THERE

フジロックに行ってきました。

金曜は6時にとっとと帰る予定だったんだけどその日に限って意味不明な問題が多発してやばかった。
半ば放棄する形で終わらせw何とか7:30浜松発の新幹線に乗り、名古屋に着いてそこからJR中央線に乗って恵那へ。
なんで恵那なんかっていうと、そこで先発していた名古屋組と合流するためで。
んでまぁ予定通りに恵那に着いて千尋・西野・勇治と合流。

s-DSCF0042.jpg

そっから下道で300㌔先の越後湯沢へ。
コンビニで休憩とか取りつつ良いペースで行けましたよ。
出発してすぐくらいに、向こうで先輩と呑んでるという東京人古田から電話がありました。
「もう合流した?」
とか言うので、
「今さっき合流したよb」
と返したら、
「ハァ??遅せぇよ!!」
とか言ってきました。
めちゃ時間通りだったのにね。
むしろ、時間通りにことが進んでることを褒めてもらいたいくらいだったんだけど。
そんな感じでもの凄く態度がでかかったので、みんなは
「風俗にでも行って性病でもうつされやがれ」
と思いました。

んで車の中で昔のライブの音源を自画自賛しあいながら向かってたら、突然”ノリさん”こと勇治が、
「絵・・・・エェェェェェッァァァァァァ」
みたいな声を出し始めたので、またいつもの発作が起こったんだろうなみたいに思っていたんですけど、
どうやら勇治の足にカメムシがくっついてて、奴が放屁したというので
車を停めて車から逃げました。
恵那に着く途中から既に車に進入してたらしいんだけど、僕はカメムシの屁のにおいは嗅いだことないんで、そんな危機感は無かったんだけど。。。
他3名のリアクションを見る限り、相当な危機らしかった。
s-DSCF0048.jpg

カメ退治の様子。

s-DSCF0054.jpg
結局着いた。

s-DSCF0055.jpg
グリーンステージ。予想外の大きさ(案外小さい)

s-DSCF0057.jpg
一時間待ち。

最初に見たのはウルフマザー。
これはかなり当たりだった気がする。
一時間前から陣取ってただけあって結構良い位置で見れたb


その後別のステージをチラッと見てから御飯を食べ、ライフルズってのを見た。
これも結構格好良かったんだけど、リズムがどれも似た感じだったもんで疲れて会場を後にした。
その後はあんま覚えてない。
確か、僕・ふーたん・西野は3時からMTVのブースでクーラシェイカーの公開録音&アコースティックライブがあるというので3時までシートしいて昼寝してました。
他の二人は別行動で、千尋はまだライフルズを見ていて、勇治は山へ芝刈りに出かけたはず。
レッチリ見るためにクーラシェイカー見るのあきらめてたんで、このアコースティックライブは見ときたいところ。
そしたら3時近くになって雨が降ってきた。
むしろ、雨で目覚めたw
一応ポンチョとか持ってきてたもんで着てみたものの、使えんし。

そうこうしてるうちに時間になって、ステージに前説(?)のMTVのカメラマンが現れました。
んで、散々注意事項述べた後、


「さぁ!!いよいよクーラシェイカーの登場です!!」


客「・・・・・・・」
「え?あぁ、クーラシェイカー??」


とか言ってしまい、もうぐだぐだの展開に。
でもクーラシェイカー登場!!
ボーカルはベロアのスーツ着ててリアル英国紳士だったよ。
ただ、ちょっと老けてたけどねw
収録では、あらかじめ選ばれてた質問者が3人ぐらいいて、ステージに上がってたんですが、
全員「彼らの魅力は?」
と聞かれ、三人とも
「全てです!」
とかほざいていたので、もうダメポでした。
ボーカルの英国紳士も苦笑いでした。
挙句の果てに、司会をやってたえどむらさきが変なネタをやるもんで英国紳士の表情も苗場の空の如く、さらに曇りました。

187146719_63.jpg
ぐだぐだの収録が終わって、アコースティックライブ。
写真はふーたんが撮ったやつを使わしてもらったぜb
老けたつってもやっぱこの人かっこよかった。
めちゃスタイルいいし。

収録が終わってから、例のグーリーンステージへ行って、ハイヴズを遠くから見て(結構格好良かった)
んで、次のケンヨコヤマが始まるときにステージから30mくらいんとこのモッシュピットの外の柵があるとこへ。

まぁーーだるかった、ケンヨコヤマ。
別に横山さんはいいんだけど。
まぁ確かにレッチリのために場所を確保しようとしてんだから文句は言えんのだけど、とにかく一緒に歌う&モッシュは不快だった。
まぁその不快感はレッチリ終わるまでずっとと続くのだけど・・・。

ケンヨコヤマの次はソニックユース。
別に書くこと無いので省略。
聞いたけどあんま良くなかった。
ベースの女の人が(最近の)デビットボウイに似てた。
最近のってのが鬱だねw
この頃にはなんとかモッシュ房の流れにのって柵の真ん前に辿り着けたものの、僕と西野・古田の間に、耳の「6」の部分(でわかる?)にも毛が生えてる椰子がいて(まぁそんな耳が見える距離まで押し込まれてたわけ)彼らと分断されてたもんで結構孤独だった。

次。電気グルーヴ。
一曲目「Shangli-La」だった!!
めちゃ懐かしい。
中学のときにでたやつだもんねぇ。
まぁ、盛り上がったのはここまでだったけどね。。。
正直、ああいう曲は向いてない僕。追い討ちをかけて数時間立ちっぱなしときてる。
ということで、最後の2曲までの記憶がありません。
最後に「富士山」と「虹」やって終了。
富士山は昔うたばんでライブ映像が流れてたの見たことあったけど、生で見ても富士山だった。
まぁとにかく、電気はあんまし感動が無かった。



続きはまた書きます。。。
  1. Category:未分類|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

 | HOME | 

Calender

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。