今日の出来事2

--.--.--.[ -- ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Category:スポンサー広告|
  2. トラックバック(-)|
  3. コメント(-)

2005.09.21.[ Wed ]

飾りじゃないのよベースは

今日は久々に部会に出て6時半から練習だったのでそれまでたそがれでまったりしてました。
練習待ちの時間とか久々。
なんか去年を思い出すw
でスタジオ入ってー9時過ぎまで練習して帰ってきました。
めちゃ疲れた。。。
久々にスタジオ入ったので楽しかったです。
テンション揚がってました。
相変わらずベース弾くのは楽しいです。
別に自己満だけどもw
まぁそんなこんなで2~3時間弾きっぱだったので指がボロボロです・・・。
スタジオ入って早々指の皮剥けたし。
左右の人差し指と中指、あと右の親指の第二関節の隅っこらへんはもうダーツの直撃を受けても平気なくらい硬くなっています(でも黒々とはしていない)
あと右の親指の爪はベコベコです。
でもこれは何かの成果が目に見えているような気がするので別に嫌いじゃありません。


最近ジャズベが使えません。
なぜならネックが思いっきり曲がっているからですorz
まぁほんとは手に入れたときからそうだったんだけどw
めちゃ弾きづらい。。。しかも16フレットあたりからビビって鳴らんし。
良い音するんですが。
でももう昔どんな音だったか忘れてしまった。
擬音語で言うと・・・・・ブリブリって感じかな。。。
せっかくなので使えないのはもったないんだけど・・・。
こっちの方が似合ってると言われたりもするので。
それにこっちのほうが格好良い(=w=)☆

というわけでジャズベが使えないので最近はもっぱらスティングレイです。
こっちはこっちで良いです。
音は文字通りバキバキ。
個人的にはあんま良い音して無い気がするけど全体で合わせたときに結構気持ち良い音出してくれます。
そしてめちゃ弾きやすいです。
自分がちょっと上手くなったんじゃないかと錯覚するくらいですw
でもそんなことは全く無いのでがっかりしますw
スティングレイで言うならワンホットミニットのフリーの音が最強です。
エアロプレインが特に。
スラップだとパキパキで指弾きだとブリブリな感じが。
このパキパキ鳴る感じが難しい・・・スラップでパキパキになるようにセッティングすると指で弾いたとき微妙になるし・・・。
う~ん・・・・。
その辺は詳しくないのでわかりません。
まぁ僕とか滅多にスラップやることないので別に良いんだけどw

書いてて思ったけど、スティングレイって言うと自分の中でフリーしか思い浮かばんのがなんというか、情け無いw
他のスティングレイ使い知らんのかとw
よくよく考えるとベーシストで興味持ってコピってたのはフリーとジャコ(でもこっちは微妙)とあと1人位しかいないので今回は結構困惑させられてます。
勉強不足ですよ。
まぁいいけどw
どうせ来年からはバンドやることなんてほとんど無いでしょう。。。
ベースで御飯食べてくつもりも無いし。
中学高校時代スポーツとか本気で打ち込んだことのない僕がやっと本気で取り組んでるもののくせにそんなスタンスなのも情けないですがw
(『本気で打ち込む』って言葉、なんかNHKっぽくて気持ち悪いですねwかと言ってどう表現したら良いものか・・・?
こうしよう、『真面目にやってみた』)
中学高校時代スポーツとか真面目にやってみなかった人がやっと真面目にやってみたもののくせにそんなスタンスなのも情けない。
・・・・(・w・)b

いや、でもベース楽しいですよw
思い起こしてみると・・・・
なんか知らんけど高校んときから楽器やるならベースだと思ってたしw
しかもそんときは多分ベースに何本弦が張ってあるのかも知らんかった気がする。
別に好きなベーシストがいたわけでも無いのに。
なんでだろ・・・・・・
さぁねぇ。。。
気のせいかもしれんけど性格的にも一番合ってる気がします。
なるべくしてなったというか・・・。
ベースの、目立ちたいけど「あ~やっぱいいや俺!」って感じのとことかw

19.jpg
ベースで必死に目立とうと頑張る人とギターで何もしんのに目立ってしまう人。


結構気持ちの悪い日記になりました。

             + サラバ!+
            X
      ∠ ̄\∩
        |/゚U゚|丿
      ~(`二⊃
       ( ヽ/
        ノ>ノ
       UU
     ドロン♪
スポンサーサイト
  1. Category:随筆|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.08.06.[ Sat ]

White Light/Black Heat

そういえば、つい最近航空機の整備士を夢見て自衛隊に入った幼馴染から連絡が来ました。
彼とは小学校くらいからお互い趣味が似ていたので(どんな趣味かは彼が整備士になろうとしてることから想像してください)よく遊んでいたのですが、高校が別々になって、まぁその頃からほとんど付き合いはなくなったんだけどw
でもちょくちょく連絡をくれて、自衛隊の話とかその訓練の話とかをよく聴いてはいました。
てか、自衛隊って整備士志望で入ってもやっぱ実弾訓練とか飛行訓練とかやるんですね。。。
まぁそんな話。

昨日フリーソフトの画像編集ソフトをダウンロードしたのでずっと画像いじって遊んでます。
意外と飽きません。
例えば、

s-syugou.jpg
こんなんが、

syugou-r.jpg
こんな感じになります。
想い出が書き換えられますねw

どうかな・・・写真ちっちゃいからわかりずらいかも。
まぁ自己満ですが結構楽しいのです。
デジカメ使ってる人にはお勧めですよ。操作も覚えちゃえば結構簡単なんで。

あとこんなことも出来る。
yuji2.jpg


話はガラリと変わりますが、こういう写真とか音楽とかって保存形式がどんどんデジタル化してきてるおかげで随分とやりとりが楽になってまるけど、消そうと思えば一瞬で消えるんですよね。
当たり前だけど。
これがね、案外怖い。
結構間違えてファイル消しちゃうこともあるしw
さすが、1か0かの世界です。
てか、物事を1と0だけで表現してることって理屈はわかるけど結構凄いことだと思うんですが・・・でも面白い。
そう考えると、万物が全て数学で解明できるって話もわかる気がします。
まぁ僕は優柔は不断なほうなのであんま白黒つける必要ないものにはつけたくないですが。
そういえば坂本龍一か誰かが言ってたけど、数百年後の人類とか(人類じゃないかもしれんけど)そういうのがフロッピーとかCD発見したところで再生できないんじゃないかと。
今まで散々ピコピコやってた人が言うのもあれだと思うけど、そっちの言い分もわかります。

  1. Category:随筆|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

2005.06.16.[ Thu ]

FRIDAY NIGHT FEVER

rodo1.jpg
この画像だけでグッときた人は多分僕と同類です。。。

rodo3.jpg
もう一枚。

Read more ≫
  1. Category:随筆|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:4

2005.06.02.[ Thu ]

Just A 変態

学校に行って練習して6時まで時間潰してからバイトへ。
今日は(も)比較的楽でした。
僕の主な仕事はリーバイスの形の違いを覚えるためにひたすら試着室でジーパンを穿くことw
( ´_ゝ`)ヨクワカンネ
まぁも少し頑張って勉強してこうと思います。


最近村上春樹の小説をよく読みます。
今まで読んだのは「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」「海辺のカフカ」「ねじまき鳥クロニクル」「ノルウェイの森」
計4冊。
まだ少ないけど。。。
個人的にお勧めなのは「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」です。
多分これが一番読みやすいです。
「世界の終わり」と「ハードボイルド・ワンダーランド」という二編の小説が一章ごとに交互に展開してって、最終的にその二つが一点で交わるっていう。
「世界の終わり」は高い壁に囲まれた街が舞台の幻想的な話。
「ハードボイルド・ワンダーランド」は近未来の東京が舞台の文字通りハードボイルドな主人公が活躍する冒険譚。
この人の作品の主人公に共通して言えるのはどことなく空虚なとこ。
んで流されているようで一応頭の中ではわけのわからないことを色々考えてるってとことかw
あと彼らの私生活が淡々と描かれてるとこが好き。
普通に御飯作って洗濯して音楽聴いてとか。。。
そんな細かいとこが。
まぁ、そういうのを授業中に読んでるんですよ。

17270.jpg
ハードボイルド
Read more ≫
  1. Category:随筆|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:1

2005.05.24.[ Tue ]

やっつけ会話

他の人もそうなのか自分だけそうなのかはわかりませんが、相手によって話の内容(内容と言うより会話の発展の仕方)が変わることがあります。
特に一対一のとき。
例えば千尋と一対一で話してるときと、イトマと一対一で話してるときとは会話の内容は結構違うことが多いです。
どっちが悪いという話ではなくて。
千尋の場合は一方的に話を振ってくるので僕は毎回相槌を打ってたまになんか言うくらい。
あんまこういう言葉を使うのは好きではないですが単純に「ボケ」と「ツッコミ」という言葉を使うなら、
千尋ボケる、僕ツッコむ
という役割分担になることが多いです。これはあんまり変わりません。
イトマの場合は、
イトマボケる、僕ツッコむ←→僕ボケる、イトマつっこむ
という感じで毎回入れ替わります。
たまに、
イトマボケる、僕あえてツッコマずに放置→イトマツッコむ
とか
イトマボケる、僕それに対しキレる→イトマもキレる→罵り合い
というちょっと変則バリエーションになることもなくもないですw
まぁこんな簡単なもんではないですがあくまで例えということでw
集団戦になるとまた話は別。
矢野さんとか勇治が相手だとまた変わります。

要するに相手のパーソナリティによって会話の発展の仕方が変わる気がします。
まぁ当たり前っちゃあ当たり前ですけど^^;
こういう会話はこっちがなんか言って相手がそれに対して返してくるから発展してくわけですよね。
その逆もありで。
たいていの人は“こっちがこう言えば相手は多分こう言うからじゃあ・・・”とある程度会話の進行を読んで話を組み立てますが、たまにこっちの予想に反した言葉を返してくる人が世の中には居なくもないです。
予想から外れるぶんには全然構わないとして、たちが悪いのは
「予想が外れてこっちが全く興味の無いことについて話される」
ことです。
しかもその返答は大抵自分のことについてが多いです。
それがエスカレートした人が俗に言う

「絡みずらい人」

です。

僕はそういう人に遭遇した場合、めんどくさいので大抵苦笑いか「魔法の4つの言葉」で乗り切りますw

  1. Category:随筆|
  2. トラックバック:0|
  3. コメント:0

 | HOME |  NEXT »

Calender

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Profile

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。